クルマを高く売る裏技

新車の購入に際して、それまで乗っていたクルマを処分する場合、一般にその方法は2つあります。ひとつは新車のディーラーに下取りに出す、もうひとつは中古車専門業者に買い取ってもらうという方法です。
どちらが得なのかは、クルマの車種によって違ってきます。
新車のディーラーに下取りに出したほうが得なのは、ディーラーと同じメーカーのクルマで、しかも中古車市場で人気がないクルマです。一般にディーラーにとって「自社モノ」と呼ばれる自社の中古車は、査定額が甘くなる傾向があります。かりに日産車からトヨタ車に乗り換えるつもりでも、日産のディーラーに査定してもらうのは決してムダではありません。また、ディーラーによっては、なんとしても新車を売りたいとき、下取り額を高く査定することで、契約に持ち込もうとする場合もあります。
一方、中古車専門業者に買い取ってもらったほうが得になるクルマは、中古車市場で人気の高いクルマです。こうした業者は、買い取ったクルマを即、中古車市場に出します。そのため、引く手あまたのクルマなら、新車ディーラーの査定額を大きく上回る値段で買い取ってくれる可能性が高いのです。

スポンサードリンク
(Visited 11 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed