看板のメニューから「おいしい店」を見抜く裏技

ここでいう「メニュー」とは、店の看板に記されている「料理のジャンル」のこと。よく「寿司・うなぎ」とか「寿司・天ぷら」とか、異なるジャンルを看板に掲げている店がありますが、これはパス。生ものと油ものを同じ道具で調理しているとすれば、注意していても味が交じり合ってしまう危険性が大です。
それに、そもそも異なるジャンルの料理を看板に出しているということは、どちらも自信がないという証拠ともいえます。まあ、「蕎麦・うどん」などは許せる範囲ですが、やはりその料理ひと筋の専門店が当たりはずれが少ないものです。

スポンサードリンク
(Visited 26 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed