警察の交通取り締まりの「やる気」を見抜くコツ

交通違反の取り締まりが厳しくなるのは、季候のいい時期の晴れた日。交通量が増えるため、警察としては取り締まりの「効率」がよくなります。絶好の反則金の「稼ぎ時」なのです。
もちろん、春と秋の交通安全週間中は、取り締まりが格段に厳しくなります。特に要注意なのは、安全週間の最初と最後の日。初日は見せしめ効果を期待でき、最終日は、反則金の「ノルマ額」を達成するため、警察はシャカリキになります。
逆に、交通違反の取り締まりが甘くなるのは、雨の日。1日中降るような日には、チョークで印をつけられたり、レッカー移動されることはまずありません。ネズミ捕りに遭う確率も格段に低くなります。雨の日、レーザー測定器などを屋外に設置すると、機械類が濡れて故障の原因になる恐れがあるためです。

スポンサードリンク
(Visited 51 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed