疲れを取る入浴の裏技①

汗を出して疲れを取るには、半身浴がいいと言われますが、新陳代謝が悪くて半身浴では汗をかけないという人は、湯の温度を徐々に上げながら入浴するといいでしょう。
入浴時間の目安は、15分から20分。ちょっと熱いかなと思う程度まで、熱いお湯をさしたり追い炊きをしたりしながら、湯船の温度を上げていきます。
この方法なら、新陳代謝が悪い人でもたっぷり汗をかくことができます。老廃物が流れ出て、疲れもよく取れるはずです。
ただし、くれぐれも無理は禁物。また、入浴前と入浴後は、水分をたっぷり補給することを忘れずにしましょう。

スポンサードリンク
(Visited 9 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed