ビー玉はどうやって丸くするのか?

ビー玉はリサイクル商品です。不要になって集められたガラス瓶が材料になっています。
それを丸くするのだから、さぞ複雑な工程が必要だろうと思ってしまいますよね。しかし、これが、いたって単純な方法でつくられているのです。
ガラス瓶を細かく砕いて溶かしたものを筒の先から押し出しながら、ビー玉1個分の大きさに切り落とします。それを回転するローラーの間を通すと、ほぼ丸い形になります。これを、全長5メートルのらせん状のすべり台に落として転がします。すると、ガラス玉の形は転がりながら整い、下に到着したときには、見事に球形のビー玉になっているのです。
この製法はその名も「すべり台方式」といわれています。

スポンサードリンク
(Visited 134 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed