小麦粉や片栗粉が今どき紙袋入りで売られている理由は?

以前、ポリエチレンの袋入りの片栗粉が発売されたことがあります。ところが、その片栗粉はまるで売れず、昔ながらの紙袋入りばかりが売れたといいます。
じつは、片栗粉にとっては、紙袋より、ポリ袋の方が都合がいいといいます。片栗粉には14.5%ほど水分が含まれていて、ポリ袋入りなら、この水分の蒸発を防げます。ところが、消費者の頭には、片栗粉は紙袋入りという固定観念があるため、ポリ袋入りでは売れないのです。
一方、小麦粉が紙袋に入っているのには、合理的な理由があります。小麦粉は、通気性がないと、変質してしまうのです。
たとえば、通気性のないポリ袋に入れると、小麦粉に含まれるグルテンというタンパク質が腐って固まってしまいます。そこで、小麦粉は、しっかりと「呼吸」ができるように紙袋に入れられているのです。

スポンサードリンク
(Visited 543 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed