スナック菓子が銀色の袋に入っているのは?

古くなったポテトチップスを食べて、下痢することがあります。油脂が酸化すると、過酸化脂質という有害物質ができ、これが、下痢の原因になります。スナック菓子が銀色の袋に入っているのは、この油脂の酸化を防ぐためです。
油脂は、光が当たると酸化しやすい。そのため、ポテトチップスやえびせんなど、油を使ったスナック菓子を透明のポリ袋に入れておくと、店頭に並ぶ間にも、有害物質ができる恐れがあります。そこで、銀色の包装紙に入れて光をさえぎり、酸化を防いでいるのです。
ポテトチップスが発売された当初こそ、透明の袋の製品もありましたが、いまでは姿を消しています。
また、ポテトチップスを食べ残したときは暗い所に保管したほうがいいでしょう。

スポンサードリンク
(Visited 327 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed