色仕掛けで教習所の試験官を悩殺、さて結果はいかに……

自動車教習所の若い男性教官は、若い女の子に甘いものです。
これは、よく聞く話で、プロポーションに自信のあるK子は、自動車教習所にかようとき、徹底的なお色気作戦をとることにしました。
実技のときは、もちろんミニスカート。計算どおり、若い男性教官たちは鼻の下をのばし、おまけのハンコをポンポン押してくれます。いっしょに習いはじめた友人ふたりを、あっというまに引き離し、
「要領ワルいわよねー」
などとヌケヌケといってのけ、反感を買ったりもしました。
それが逆転したのは、卒業検定の日。
その日、ノーブラ、タンクトップ、ミニスカートというきわめつけの悩殺スタイルで、いざ検定車に乗りこんでみると……。
検定員は気難しそうなベテランの年配教官。卒検は、ベテランが担当することになっていたのです。
ベテランに色仕掛けは通用せず、満足に基礎を身につけずに卒検まできてしまったK子は、何度やっても卒検不合格。
地道にやってあとから卒検を受けた友人たちは、たちまちK子を追い抜き、スイスイ卒業していったのでした……。

スポンサードリンク
(Visited 81 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed