シャンパンの値段を見れば店の「良心」がわかる

フレンチ、イタリアンにつきもののアルコールといえば当然ワイン。初心者でも分かる「ワインでいい店を見抜く法」というものがあります。
ワインリストでは、まずシャンパンに注目しましょう。そしてポメリーやヴーヴクリコ、ランソンなどディスカウントショップの棚にも置いてある大手メーカーの、ノンヴィンテージものの価格をチェックしましょう。これらはたいていどの店にも置いているはずです。
こうしたシャンパンは、小売でだいたい3000円半ば。仕入れでは2000円台後半というところなので、もし店のリストで7000円以下なら良心的な店といえます。8000円以上だったら儲けすぎ。要警戒です。
また、かなりのワイン通でも知らないような無名ワインは市場価格が分からないので、リストの値が適正なのか見極めにくくなります。客が値づけ率を判断できないようにするための高等戦術という場合が多いから、こういう店は要注意です。

スポンサードリンク
(Visited 12 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed