ぬか漬けをぬか味噌を使わずに作る裏技

ぬか漬けは、毎日ぬか床をかき混ぜないと腐ってしまうなど、手間がかかる食べ物。それに、古女房を「ぬか味噌臭い」ともいうように、あの臭いが気になるという人も多いですね。
しかし、ぬか床がなくても、限りなくぬか漬けに近い漬け物ができるのです。
まず食パンを小さくちぎって、密閉容器に入れます。そしてその上から、食パンが耳たぶより少し固い感じになるまでビールを少しずつ注いだら、食パン2枚に対して小さじ4分の1から3分の1程度の塩を混ぜます。これでぬか床の完成です。あとは、キュウリでもナスでもニンジンでも、お好みの材料を入れ、半日から1日漬け込めばこれででき上がり。
夜漬ければ、朝食には味がなじんだおいしいぬか漬けが食べられます。もっと急ぐときは材料を塩で板ずりしたり、塩もみするなど、塩を強めにすればOKです。

スポンサードリンク
(Visited 4 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed