寿司をよりおいしく食べる方法

寿司をよりおいしく食べるには、食べる順番が重要になります。基本は、酢締めのもの、煮たもの、卵焼きか海苔巻きという順番。具体的には、江戸前寿司なら、最初はコハダかアジ。次に穴子やシャコなどタレのついたものなど。タレものを最初に食べると、タレの味が口に残り、あとで食べる寿司の微妙な味を味わえなくなってしまいます。最後の卵焼きか海苔巻きには、口直しの意味があります。
ウニやマグロ、タイ、ヒラメ、貝、イクラなどは、この基本の順番の間に挟めばよいのですが、タイやヒラメなど、淡白な味のものを最初のうちに食べ、マグロなどの脂っこいものは、なるだけ後半に食べることです。

スポンサードリンク
(Visited 9 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed