川の正しい渡り方

キャンプや釣りに出かけ、川を歩いて渡るとき、素足で川に入るのはNG。水ゴケに足を取られやすいし、尖った岩や割れたビンの破片で、足を傷つけることもあります。
また、流れが速いときは、靴にストッパーをつけないと危険。ストッパーがないときは、厚手の靴下を靴の上から履くのが裏技。ストッパー代わりになって、滑りにくくなります。
また、渡る場所の選び方も重要で、太陽光線の反射している場所は避けること。水面が輝いていると、川底の様子がよく見えないので、転倒する可能性が大きくなるからです。川底が砂地など平たい場所を選び、水の流れが速いときには、上流に向かってやや斜めに横切っていけばよいのです。

スポンサードリンク
(Visited 24 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed