傘を長持ちさせる方法

傘を長く使うには、濡れたまま傘立てに放り込まないこと。
濡れたままにしておくと、骨の部分が錆びる恐れがあるからです。傘は使ったら干す、これが鉄則。そのとき、日の当たる場所に干すと、傘の布が色あせてしまうので、陰干しにしましょう。
また、傘をしばらく使わないと、シワだらけになることがありますが、そういう場合は、霧吹きで水分を与えてから陰干しするといいでしょう。きれいにシワが取れるはずです。

スポンサードリンク
(Visited 10 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed