ギョーザはなぜ三日月形?

中国では、春節(旧暦正月)や結婚式、出産などのお祝いの席には、ギョーザが山ほど用意されます。ギョーザは縁起のいい食べ物だからで、ギョーザが三日月形をしているのもそのあたりに理由があります。
ギョーザのあの形は、昔の中国の貨幣に似せてあるそうです。中国最後の王朝である清朝まで使われていた「元宝銀」という馬蹄形の銀貨をかたどったものだという説が有力だそうです。
そこから、「食べると財を成す」という意味が生まれ、もっぱら祝いの席で食されるようになりました。
また、中国には、春節に食べるギョーザの中に1〜2個だけお金を忍ばせるという風習もあります。それにあたった人は、その年1年間、お金に困らず、幸福でいられるといいます。

スポンサードリンク
(Visited 378 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed